ペットとして飼える動物

現在は色んな生き物が確認されているため、犬や猫だけじゃなく変わったペットが
飼いたい!という人もいますよね。とはいえ、一般化していないペットだと、
「このペットは日本で飼うことはできるのかな・・・」という悩みもあると思います。
ペットが盛んに飼われるようになってきてからは、外来種の数も増えてきました。
でも、飼えるペットの幅が広がったのと同時に、無知な飼い主による目に余る行為が
原因で、生態系を損ねて日本に本来生息している動物達の存続が
危ぶまれてもいます。

そのため、日本でも生き物に関しては厳しい法律が儲けられています。
たとえば、天然記念物を保護する法律である「文化財保護法」、
自然環境保護地域での動物捕獲が禁止されている「自然環境保全法」、
生態系を損なう危険があるため飼育が原則禁止されている
特定外来生物法」・・・など、
様々な法律で保護されている生き物がいます。
さらに、「ワシントン条約」や「ラムサール条約」などで、
流通が規制されていたり保護されている動物に関しては飼うことは出来ません。

ワシントン条約とは、絶滅する可能性がある野生の動物や植物の輸入や
輸出などの取引に関する条約です。生き物の乱獲で、
その種が絶滅することがないように動植物の取引を規制しています。
輸出する側も輸入する側も絶滅を招くような取引をしないように取り締まることにより、
動植物の種を守っているのです。
そしてラムサール条約は、水鳥に関する条約です。

このように国際取引において、国同士で輸入や輸出を制限することで
保護されている動物たちはたくさんいます。これは日本に限らず、
全世界共通して守らなくてはならないことです。
法律や条約に関する動物に関して「知らなかった・・・」で
済まされることではないので、注意してくださいね。
こういった条約を守るためには、基本的に野生動物には手を出さないでいれば
問題ありません。

野生動物を飼いたい。ペットショップにはいない珍しいペットが欲しい。
野生動物を捕獲してペットにしよう。と考えている人は今すぐ辞めてくださいね。
厳しい罰則がまっています。
飼育できない動物に関してはたくさんの法律が絡まっているので管轄省は
複数あるようですが、基本は環境省です。
環境省のホームページをチェックしてみるといいと思いますよ。
それにしても、可愛い動物はたくさんいますが、
可愛いだけでは飼えないのがペットなんですよね。

飼いたいなと思う動物がいても、実際に飼ってみると飼育しにくくて
捨ててしまう人はたくさんいるようです。ニュースでもたまに問題になったりしますね。
その代表的なのが、アニメのブームから人気に火が付いた
アライグマだったりするんですが、実際はペットとして飼うには
野性的すぎて人間の手には余る動物なんです。
そのため、捨てる人が後を絶たない時期がありました。

今でも所定手続きを取ればペットとして飼うことは出来ますが、
基本的に現在も野生として生息している動物は人間の手には
余ると考えた方がよさそうです。
ペットとして世界で飼われている犬・猫は野性味を抜いた、
人間の側においても問題ないようにペットに改良されたものですから・・・。

投稿者: SLour7uk