イギリスで人気の猫ランキング

数多くの品種を作り出した英国で人気の猫

イギリスといえば、19世紀頃から犬や猫の品種を数多く作り出した国として知られています。
現在日本でもペット向けとして流通している犬・猫の品種の大半は英国で交配されて生まれたもので、世界的に大人気となっている品種のほとんどが含まれます。

ヨーロッパにおいては犬はどちらかというと牧羊や倉庫の害獣駆除、または番犬として活躍する職能犬というイメージが強かったのですが、猫は醸造酒の向上でネズミ取りをする基本愛玩動物として扱われてきました。

そのため「ペット」ということで人気が高いのは猫の方で、飼育数も圧倒的に猫の方が多いというふうに言われています。

ここ最近有名になった事例としては、英国がユーロ圏を離脱するときに官邸前に貼り付いていた世界中の記者たちの前を悠然と通り過ぎていった飼い猫があります。

英国では首相官邸で猫を「ネズミ捕獲長」として飼育することが伝統となっており、他にも外務省に勤務する同様の猫が今回のことで世界的に伝えられることとなりました。

英国原産の人気の猫の種類としては、ブリティッシュショートヘア、スコティッシュフォールド、ロシアンブルー、ヒマラヤンといったものがあります。

ただし英国内で人気のある品種が全て英国原産というわけではなく、流行は日々変化しているというのが現状です。

世界的に人気が高い「ベンガルキャット」

ここ近年の世界的な傾向として、大型ネコ科動物に似た品種に人気が高まるということがあります。
そのブームの火付け役となった猫が「ベンガルキャット」で、米国原産の猫ながら最初に英国で人気になったことから日本にもその影響が波及しました。

ここ近年の顕著な特長としてベンガルキャットブームがある他は、英国で人気の高い猫ランキングとして常に上位にいる品種はだいたい同じものとなっています。

1.ベンガルキャット
2.ブリティッシュショートヘア
3.ラグドール
4.スフィンクス
5.メインクーン

といったところがたいだいいつものランキングの顔ぶれです。
ブリティッシュショートヘアは日本でも人気のアメリカンショートヘアに近い品種で、人懐こく甘えん坊なアメリカンショートヘアと比較して冷静でクールな性格をしていると言われます。

ラグドールは日本でも人気が高い豊かな毛並みと青い目が特長の猫で、ぬいぐるみのような抱き心地が人気の理由として挙げられます。

反対に体毛がほとんどないスフィンクスも多頭飼いが多い英国では飼育しやすい猫として人気が高く、そのあたりに日本とは好みが違う面が伺えます。

最後のメインクーンはここ最近SNSで人気が出ている巨大猫で、広い住宅や中庭を持つ英国の郊外地域などでよく飼育されているのを見かけます。

投稿者: SLour7uk