アニマル・セラピーの効果

アニマル・セラピーについて

アニマル・セラピーとは、動物を使ったセラピーのことです。
海外でも使われている言葉ではなく、日本での造語となりますので、注意しておきましょう。
基本的にアニマル・セラピーについては2種類あります。
1つは動物介在療法でもう1つが動物介在活動になります。

動物と触れ合うことによって、その人が普段から蓄積しているストレスを軽減する効果などが期待できます。
また、自信を回復させたり、精神的な健康を回復させることができるとも考えられており、実際にその効果がでたという人も少なくありません。
ペットを飼っている人なら、心当たりがあるかもしれませんが、ちょっとしたことでも癒やされると感じることがあるはずです。
ペットとスキンシップをとる事で、ストレスの軽減にも繋がり、これを応用したものが、アニマル・セラピーだと言っても良いでしょう。

実際に、不登校や引きこもりなどの問題を持っていた学生がアニマル・セラピーによって、学校に行くことができるようになった、悪性腫瘍を改善することができたなどのこともあるそうです。
また、高齢者で難病を患っている患者さんにとっても、犬や猫などのペットとふれあいをさせることで、QOLの質を高めることができることから、介護業界でも注目がされていると言っても良いでしょう。

ちなみに、現在のところアニマル・セラピーを行うのに、必要な資格や要件などはありません。
民間団体による資格は存在するのですが、公的な技術や知識を保証するものではないことを覚えておいて下さい。
ただし、日本でアニマル・セラピーを事業として行う時には、法律に基づいて動物取扱業の登録を行わないといけません。
また、アニマル・セラピーを行うのなら、動物取扱責任者の要件を満たす必要があります。

アニマル・セラピーの方法について

アニマル・セラピーの方法と一口に言っても様々なものがあります。
一般的なものとしては、動物と人間を触れあわせることです。
遊んだり、なでたりするだけでも、十分なストレス解消になることもあるのですが、近年ではアニマル・セラピーをリハビリに使うケースも増えています。

どうリハビリに使うのかというと、動物の世話をさせるという方法です。
ペットの世話をするという役割が与えられることから、情緒障害や精神疾患など、対人関係に疲れている人にとっては、様々な意味で役立つことになることでしょう。
アニマル・セラピーは医療機関の施設で行われることが一般的ですが、老人ホームや養護施設などに訪問して行われることもあります。

日本アニマル・セラピー協会では、セラピー犬と一緒に様々な活動を行っています。
セラピーを行うのは勿論のこと、犬を飼う時に必要になるマナーや知識、しつけの仕方などの指導や相談も行っていますので、自分の飼っている犬について悩みがある人は相談してみるのも良いかもしれませんね。

投稿者: SLour7uk