各国ごとに見る、動物愛護と保健所センター

先進国の中でも動物愛護の強い国では、
ペットショップでの陳列販売をしていません。
ペットの陳列販売を禁止している国の目論見としては、
ペットを衝動的に買ってしまう人を防ぐためにあると言われています。
人間でもそうですが、赤ちゃんというのは可愛いものですよね。
可愛らしい見た目にほだされて勢いでペットを購入する人もいるでしょうが、
いつまでも小さくて丸くて可愛らしい姿のままであるはずがありません。
大人になっても可愛い動物はたくさんいますが、子供の頃に比べたら
可愛いとは言えなくなります。しかも、子供の頃は大人しかったのに、
成年期に入り活発になって手がかかる子もいます。
そうなると、手にあまり捨ててしまう人がいます。

さらに、ペットが晩年期に入り、落ち着いたかと思えば体が弱り病気にかかることが
増えます。ボケることで、言うことを聞かなくなり、余計に手がかかり、
年老いたペットを捨ててしまう人もいます。
実際、日本で動物を捨てる人の理由は「手がかかるから」「引っ越すから」
「他のペットを飼うから」「飽きたから」など、考えられないほど身勝手なものばかり。
そういった動物の引き取り先として、
日本には動物愛護の管理センターの保健所があります。

「動物愛護センター」「保護されたペットの収容所」といえば聞こえはいいですが、
そこでは捨てられた“不用な犬・猫の引き取り、殺処分”を行っています。
罰せられるべきは身勝手にもペットを捨てた飼い主なのに、
実際に殺されるのは動物達です。こんなありえない現状が、
今の日本の動物愛護の限界だということです。
対して、動物愛護が守られている先進国のドイツでは犬・猫の殺処分がなんと、
0だという結果が出ています。
ドイツではペット(犬)を飼うのに様々な規制があって、
動物を飼うこと自体が難しくはなっていますが、それが結果的に飼い主や
販売者に根付く責任感や動物愛護精神に繋がっています。

しかし、そんなドイツでも、何らかの事情から大切なペットを手ばなさなくては
ならない飼い主もいます。
そんな場合、ペット達は「ティアハム」という施設に保護されます。
ティアハムとは直訳すると「動物の家」という意味で、
日本でいうところの保健所センターのような役割をします。
ただし、ドイツのティアハムは日本の保健所とは決定的な違いがあります。
それは、里親が見つかるまで、そこで生き続けることができ、殺処分はありません。
日本の保健所では、保護されてから約5日〜1週間という期間しか生きられなく、
その期間が過ぎた犬・猫は殺処分されます。
殺処分の方法としては安楽死ですが、苦しまずに死ねると言うのは大間違いです。
日本で言う安楽死の方法とは、いわゆる窒息死であり、
苦しまずに死ねるわけがありません。

しかも、日本の法律では動物虐待の場合、「器物破損」と同等の扱いとなる。
これほどまでに国によってペットの扱いが異なるのは生き物にとって
恐ろしい現実です。
ただ、日本にも保健所とは違うティアハムのようなシェルターはあり、
こういったボランティア団体の方々の活動で、
ある市町村では猫の殺処分が0に達したこともあうようです。

しかし、動物愛護先進国に比べて圧倒的にシェルターの数は少ないです。
動物愛護の法律は、また別の問題として、保健所センターなどの行政は
あくまでも無責任な飼い主の尻拭いをしているのです。
捨て犬・捨て猫に関して言えば、飼い主の責任以外の何ものでないですね。
ブリーダーだけじゃなく、飼い主も免許制にしたほうがよさそうだと思います。

投稿者: SLour7uk