動物愛護先進国のペット入手方法とは

ヨーロッパ諸国は世界の中でも動物保護法が確立されており、
一人一人の動物愛護精神も高いといいます。
特に動物愛護の国でよく知られているのはドイツ、イギリス、アメリカあたりですね。

日本人がペットを飼うとしたら、基本的にはペットショップから買うという人が
多いでしょう。
しかし、動物愛護先進国ではペットショップでの陳列販売が少なく、
ペットを購入しようと思ったらブリーダーへ予約する形になります。
これによって、買い手が決まっている数だけ繁殖が出来るので、
無駄な繁殖をしなくて済みます。
特にイギリスでは、陳列販売が禁止というような法律はないのに、
ブリーダーや販売業者が自主的に制限しています。
まさに、動物愛護の精神が根付いている国だからできることです。

さらに、スイスには犬の飼い主となるための試験があります。
犬の生態について、犬の飼い方などを学びます。
知識と実践を学んだ上で試験に挑み、これに受からないとブリーダーから
犬を譲ってもらえないこともあるようです。

また、こういった国々ではブリーダーから購入するよりも、
大半の人は「アニマルシェルター」から譲り受けています。

アニマルシェルター(ペットシェルター)とは、直訳すると「動物の避難所」であり、
捨てられたペット達の里親を探す非営利団体です。
しかも、単に譲ってもらえるだけじゃなく、飼い主としての素質をチェックされた上で
引き渡されますので、誰でも引き取れるわけではないとのことです。
それらの国ではアニマルシェルターの数もかなりたくさん存在しており、
ほとんどのペットが殺処分されることなく、新しい飼い主が見つかっているようです。

日本にもアニマルシェルターはありますが、その存在を知ってか知らずか、
殆どの方はペットショップで購入しているのが現状です。
その施設の存在は知っていても、血頭種が欲しいとなるとブリーダーから
購入するしかありませんしね。
別にブリーダーやペットショップから入手するのがいけないというわけでは
ありません。
しかし、安易に購入を決めてしまう前に、日本のペットの販売に対する
現状など色んな情報を得てから検討してほしいと思います。

シェルターから譲り受けるのなら自分の好きな犬は選べないでしょうが、
高いお金をかけずに可哀想な動物達を保護できると考えたら合理的です。
しかも、シェルターで保護された動物達はきちんと躾けされた上で
引き渡されますので、自分で一から育てることで
育て間違えたなんて事にもなりません。

ただ、動物愛護精神が高いといわれているヨーロッパ諸国の中でも、
ドイツやイギリスのような動物愛護が守られている国があるのです。
ですが半面で、平気でペットを粗末に扱う国もあるようです。
また、こういった規制が厳しい国でも悪質な人間はいますし、
全てを排除するのは難しいことなのかもしれません。
それでも、日本のペット事情と比べたら、
一匹一匹とても大事にされているのが分ります。

こういった国と日本のペット事情の現状を比べてみて、
これからペットを飼う人間が色々考えるきっかけになれば良いと思います。

投稿者: SLour7uk