マウイ島ではほとんどがペットを飼っている

ハワイの犬事情

ハワイは、実は犬や猫などのペットにとってとても暮らしやすい土地です。
南の海に浮かんでいるハワイは日本より暑そうに見えますが、
湿度が日本より低いため、ペットにとってはとても快適な気候となっています。

現地には犬が遊べるビーチもあり、そこではサーフボードに乗って飼い主と一緒に遊ぶ犬の姿も見かけられます。
そしてハワイは、アメリカの中でも唯一狂犬病のない場所なのです。
ハワイでは最近まで厳しい検疫があったため、狂犬病などが外国から持ち込まれることもなく、
ペット同士で安全なコミュニケーションができる環境が整っています。

マウイ島の犬事情

ハワイの中でもマウイ島の町ではほとんどの住民が犬を飼っています。
マウイでは街中の通りを歩くだけで大勢の犬たちに一斉に吠えられるも珍しくありません。
この島では最初のペットの出会いからして日本とは異なっています。
日本ではペットショップで購入する人が多いペットですが、マウイでは、そういった人たちはほとんどいません。

マウイでは日本の保健所にあたる場所から引き取ったり、
友人や知人の家で生まれた子犬や子猫を譲ってもらったりといった形でペットを飼い始めます。
ハワイではアニマルシェルターと呼ばれているところからペットを譲り受けることもできます。
ここは迷子になったり、虐待を受けたり、
捨てられたりしたペットを新しい飼い主が見つかるまで一時的に預かる施設です。

このようなところでは不妊手術やワクチン接種などの適切な処置が行われているため、
より安全にペットを受け取ることができます。
マウイに犬などのペットを飼っている家が多い理由として、
密集した形で家が建っていない上に庭付きの家が多いということが挙げられます。

このため、小型犬だけではなく大型犬などのバリエーション豊かなペットが飼いやすい環境が整っているのです。
賃貸物件でも庭付きのところがあるためペットとともに住みやすいところが多く、
中型犬まで飼える賃貸もあります。
マウイのビーチにも犬を遊ばせている人たちが多く集まっています。

現地の人たちは小さな頃からペットとともに暮らすことに慣れているため、
子供から大人まで大型店を見ても怖がる人はいません。
小さな子供が知らない人の大型犬に近づいて、
その飼い主になでてもいいかと気軽にたずねるほどに現地の人たちはペットに慣れています。

マウイでは犬のしつけをしっかりと行っている飼い主が多いため、
むやみに人にほえたり、かみつこうとする犬はほとんど見かけられません。

—–

投稿者: SLour7uk