世界でペットが飼われ始めた時代

今では殆どの国で、動物や爬虫類など、様々な生き物が人間のペットとして
飼われていますよね。
でも、今はペットとして飼われている動物達も、
本来は野生に生息していた生き物です。では、その野生生物が人間のペットとして
飼われ始めた背景には何があったんだと思いますか?
それは、文明が進むに連れて変化した、人間と生き物の共存のあり方です。
現在、数多く飼育されているペットの種類の中でも、
代表的なペットといえば「猫」や「犬」ですね。

犬の先祖はオオカミだということは有名な話です。
ただ、未だに研究が続けられている分野なので明確ではないですが、
現時点での研究結果では犬は家畜化されたオオカミだと言われています。
オオカミが人間と共存し始めた理由は不明ですが、
猫に比べて4千年以上も前から犬の祖先は誕生していたということになります。

そして、猫に関して言うと、初めに飼われたのは古代エジプトだと言われています。
古代エジプト人が文明を気づくようになると、野生で暮らしていたリビアヤマネコの
テリトリーを侵すようになりました。そこで、行き場を失ったヤマネコが餌を求めて
里に降りてきて、人間の生活圏に入ってくるようになったと考えられています。
こういったことは日本でも起きています。山を開拓していくことで人間の生活は
豊かになりますが、その反面では野生動物の生活圏が脅かされています。

日本の野生動物であるイノシシやクマが、ヤマネコのように人間と和気藹々と
共存できるかと言うと、これからの長い年月をかけても難しそうですが・・・。
しかも、猫は農作物を荒らすネズミなどを退治してくれることから、
古代エジプトでも人間の生活に馴染みやすく、イエネコとして飼われるように
なったとのこと。さらに、その後は、エジプトで猫は神聖な生き物として丁重に
扱われるようになりました。
つまり全世界で今、ペットとして飼われている猫は、エジプトのリビアヤマネコを
先祖とするイエネコと言われるものです。それが数年の後に、
外国に持ち出されるなどして世界中に広がったとされています。

そして、その過程で、その土地や環境、
気候などにあった種類の猫が誕生していったとのことです。
・・・とはいえ、この猫の歴史に関しては諸説あるようで、
これは最も有名な説に過ぎません。
しかし猫はどこの国でも、本来はネズミを駆除する存在だったため、
犬のように猟銃犬・番犬・人命救助犬・盲導犬のような
色んな目的に分けられることなく、大きな改良はされないままきたようです。

そのため現在も狩りの本能を残した野性的な面を残しているということでしょうか?
イエネコでも外に出している子なら、ネズミやらヘビやら狩ってきますからね〜・・・。
世界的にもペットとして人気なのは犬や猫ですが、他にも鳥類・爬虫類など
色んな動物が飼われています。スタンダードに飼われているペットから、
珍しいペットまで世界のペット事情をメインに、人気のペットを紹介します!
これからペットを飼おうと思っている方は、参考にしてみてください。

投稿者: SLour7uk