世界のペットショップとブリーダー

ペットショップやブリーダーというのは、各国に存在しています。
ただし、国ごとにそのあり方には違いがあるようです。
日本ではペットショップのあり方が問題視され始めていますが、
ペットの陳列販売、夜間営業など賛否両論もあるのが今の現状です。
世界的に見ても、日本のようにペットショップなどで生き物を販売しているスタイルは
珍しくはありません。しかし、そのスタイルは果たして正しいのか?
ということですよね。

日本では、ようやく「夜間のペット陳列販売が禁止」されましたが、
動物愛護の先進国のドイツやイギリスなどでは、
そもそもペットショップでの陳列販売が禁止されています。
特にイギリスでは法律で禁止はされていませんが、
動物愛護の精神から販売する側、自らの意識で陳列販売はしていません。

しかし、こういった動物愛護先進国にもペットショップはたくさんあります。
ただし、販売しているのはペット用品などであり、生き物ではありません。
さらに、ペット購入者、ブリーダー、ペットショップ運営者に厳しい規制を
設けています。
動物愛護先進国では、ブリーダーは免許制になっており、
特定の業者しか繁殖や販売が許されていません。
その中でも先進国で動物取り扱い業者が免許制になっているのは、
ドイツ、イギリス、スイス、スウェーデン、アメリカ、EU、台湾です。
対して、一定の条件を満たせばブリーダーになれてしまう届出制なのは
フランス、日本です。

日本の届出制は改正されて許可制(登録制)になったことで
多少改善はされたと言われますが、現状は変わってはいませんね。
動物愛護の先進国では、ペットの販売等は厳しい規制の元に敷かれているので
捨て犬や捨て猫の問題も少なく、無駄に殺される動物もいません。
そういった諸外国に対して、日本のペット事情は・・・。

私も猫を飼っている身として、ペットは癒されるし、
子供のようにいてくれるだけでいい存在だと感じています。
また、ペットを販売すること自体は一つのビジネスとして成立しているし、
動物愛護が強い国でもペットの販売は行っています。
つまり、ペットショップやブリーダーの存在がいけないということではなく、
それを利用する人、ひとり一人のモラルの問題だと思います。

でも現実では、販売だけを目的とした無理な繁殖をさせるブリーダーや、
飼うのが難しいペットを飼育が簡単と嘘をついて売るペットショップが
日本には多くあります。
悪質ブリーダーの実態を知ると、そんな酷いことが行われているのなら
ペットなんていらないんじゃないかとすら思えてきてしまいますよ・・・。

先進国といわれる日本ですが、ペットに関して言うと後進国だとしか言えません。
現状を打開するには国組織で動く必要がありますが、
今の状態では適いそうにもありません。
ならば、せめて買い手側が優良なブリーダーを選ぶということが重要です。
そうすれば、悪質な業者は廃業せざる得なくなり、
結果的に優良なペットショップだけが残るでしょう。

投稿者: SLour7uk