ドイツに学ぶ犬事情

犬がいるのが自然な景色

日本でも犬はペットの一番人気として、たくさんの家庭で飼われていて、ペットとの生活が当たり前になっています。
しかし、ヨーロッパの国々を歩いてみると、日本以上にペットと人間との生活が上手に営まれていることを実感することができます。

たとえば、公園など人々が集まるところに行ってみると、そこにいる人々が犬と戯れて遊んでいる光景をよく見かけることができます。
きっとまったくその犬のことを知らない人たちもいるのでしょうが、みんなで一緒になって犬と楽しそうに過ごしています。
それだけ、普段から犬と人間との距離が近いのでしょう。

都市部でも山間部でも、どこに行っても、犬が家の中だけでなく、公共の場所にもいる様子が見られます。
人間と犬が一緒にいるというのが、実に自然な光景に見えるのです。

犬を連れて歩ける環境がしっかりと整っている

もちろん、日本にもたくさんの犬がペットとして飼われていますし、外につれて歩くのも普通のことと言えます。
しかし、お店に連れて行ったり、遠くまで一緒に行ったりするのは、現実問題として難しく感じることも多いでしょう。
犬のフンをどのように処理したら良いか、お店の中に入るとき、どこに犬を置いておけば良いか、難しい問題があってなかなか外に連れ出すことができない状況です。

しかし、ドイツでは、さほど大きくないスーパーマーケットの外にも、犬をつないでおけるポールのようなものがあって、人々もそのことを良く知っています。
また、要所要所にペットのフンを始末できる設備があって、袋などが常備されています。
いつでもどこでも、気兼ねなく犬を連れて外に出られる環境がしっかりと整っているのです。

やはり、こうした環境の違いは大きく、ドイツの人々はちょっとした買い物にも、また遠くへのお出かけにも犬を連れて行くことが多く、そこかしこで犬連れの人たちを見かけます。
観光スポットでもしっかりと対策が講じられていますので、安心して余暇の時間を犬と過ごせるのもうれしいところです。

犬が入れる施設も多い

衛生やセキュリティーの関係から入れないところもありますが、ドイツでは多くの場所に犬が入れるようになっています。
高級なホテルや路面店のカフェやレストランなど、人々が集まるところでも犬同伴OKというのは少なくありません。

もちろん、犬の大きさなどによっても異なりますが、基本的には犬を連れての旅行やレクリエーションを、なんの問題なく楽しめますので、家族の一員として充実した時間を過ごせるのです。
こうしたドイツのペット事情を学んで、日本でも少しずつ対応が変わって行っています。
よりペットも飼い主も、気兼ねなく外にペットを連れ出されるようになる環境が整っていくことが待たれますね。

投稿者: SLour7uk