世界と比べてみた、犬・猫の殺処分の現状

日本では、保健所にて殺処分される犬・猫が全国で年間20万頭います。
それを1日に換算すると、1日で殺処分される犬・猫はなんと、700頭を越えます。
ペット大国となっている日本では、
多くのペットが可愛がられて飼われています。
その反面で、殺処分を受けているペットがこれほどの数存在するという事実を
ご存知の方はどのくらいいるんでしょうか?

これほどまでの数の犬・猫が殺処分されている背景には、
無責任な飼い主と悪質なブリーダーが存在します。

無責任な飼い主は、単純に「いらなくなったから」など、
通常では考えられないような理由で保健所にペットを持ち込みます。
また、道端に捨てることで野生化されたペット達は保健所に引き取られて、
その子たちも結局処分される運命にあります。
たとえば猫の場合は、捨てられて野良猫として
暮らしていく子も少なくはありません。
猫に限ってはそこで命拾いをする子もいるでしょうが、
犬は人間に危害を加える危険性から、
道端に捨てられれば確実に保健所に連れていかれてしまいます。

そして、悪質なブリーダーに至っては、無理な繁殖によって
増えすぎた子たちを保健所に持ち込むブリーダーもいます。
「病気になった」「大きくなりすぎた」、さらには倒産した繁殖業者が
処分の為に保健所にペットを持ち込むこともあります。

保健所が殺処分を行っているため、
中には保健所を目の敵にして罵声を浴びせる人がいます。
しかし、勘違いしないでほしいのが本当に悪いのは、
無責任な飼い主や悪質なブリーダーだということです。

日本の年間殺処分が20万頭なのに対して、
外国の犬・猫の殺処分の実態はどうなっているんでしょうか。

ドイツは犬・猫の殺処分が、なんと「0」です。
そもそもドイツには保健所のような殺処分施設は存在していませんので、
殺処分という制度自体がないんです。
何らかの理由で飼えなくなったペットはティアハムというアニマルシェルターで
保護され、その中の約90%が新しい飼い主にもらわれていきます。
また、残りの10%もティアハムで生涯を終えることが出来ます。

ドイツの殺処分0は日本でも有名なことで、よく取り出されますが、
そこにたどり着くまでにどういった経緯があったのかという点を見習うべきでしょう。

そして、もう一つの動物愛護先進国のイギリスでの殺処分は、
約7000未満になっています。
イギリスにもアニマルシェルターがあり、年間で約10万頭の犬が
保護されていますが、殆どの子は飼い主がみつかります。
しかし、約7000頭に関しては病気を持っていたり、
性格が矯正できない等で安楽死されてしまう子もいます。
しかし、イギリスの安楽死は本当の意味での安楽死です。
安楽死といいながらも、
ガスで窒息死させて殺してしまう日本との違いはここにあります。

日本の殺処分の頭数は目に余りますが、
日本を越えてすごいのがアメリカです。
アメリカでの殺処分は年間300万頭に上るといいます。
しかし、それでも日本よりもアメリカの方がマシだと言える部分があるんです。
それは、アメリカではシェルターの数が、なんと5000箇所あり、
保護されたペットの約5割は新しい飼い主が見つかっているんです。
対して日本では、保護されたペットの約9割が殺処分されます。
つまり、アメリカでは保護されても新しい飼い主を見つけてあげられる
可能性は高いけど、日本では「保護=殺処分」となってしまいます。

動物愛護先進国と日本では、
単純に殺処分の数だけでは図れない差があるということです。

投稿者: SLour7uk