マイクロミニブタ?ミニブタ?飼うならどっち!

ブタを飼いたい方に

最近はさまざまなペットが飼われるようになっていますが、その中で人気が徐々に高まってきているのがブタです。
ブタはブヒブヒという鳴き声が特徴的で、独特の可愛さがあります。
ブタには実は種類があり、マイクロミニブタとミニブタという種類がペットとして適しています。

ミニブタは比較的小さめのサイズで飼いやすいブタとなっており、マイクロミニブタは、ミニブタをさらに小さくしたブタです。
品種改良により生まれ、さらに飼いやすいブタとして誕生しました。
ここではミニブタとマイクロミニブタの違いについてご紹介します。
ブタを検討している方はぜひ参考にしてくださいね。

大きめサイズが良いならミニブタ

ミニブタとマイクロミニブタの違いは、単純に大きさだけです。
そのため、大きめのサイズが良いという方はミニブタを選ぶと良いでしょう。
ミニサイズといっても、それは牧場などで飼われているブタと比べての大きさです。
自宅で飼うには比較的大きめのサイズなので、自宅のスペースを確認した上で飼うようにすると良いでしょう。

大きめのサイズなのでユーモラスな雰囲気があり、ブヒブヒと鳴いている姿は癒しを感じさせてくれます。
自宅で飼う際にはなるべく余裕を持ったスペースの場所で飼うことをおすすめします。
ブタもストレスを感じることもあり、ストレスが多く溜まってしまうと肥満になることもあります。
広めのスペースならミニブタもストレスを感じず、快適に過ごすことができるので、より元気に過ごしてくれます。

小さめが良いならマイクロミニブタ

これに対して小さめのサイズが良い方にはマイクロミニブタがおすすめです。
マイクロミニブタは生まれたときにはなんと300グラムくらいの体重しかありません。
そのためとても軽く、女性の方でも簡単に抱きかかえることができます。

また、マイクロミニブタも徐々に大きくなりますが、大きくなったとしても40キロほどです。
ミニブタの場合は60キロくらいになることも多いので、飼いやすいのはとても魅力です。
60キロというと、成人の男性くらいの重さがありますが、40キロほどなら中学生や小学生くらいの重さです。
かなりの差があることがお分かりいただけると思います。

マイクロとは1ミリの1000分の1の大きさですが、マイクロミニブタはさすがにこの大きさではありません。
マイクロと名前がついていますが、この点は頭に入れておくと良いでしょう。
ミニブタよりも小さいという意味で付けられた名前です。

ミニブタもマイクロミニブタも、ペットショップで購入することができ、エサの違いなどはありません。
そのため本当に違いはサイズのみになります。
ミニブタとマイクロミニブタ、どちらが良いかは好みで選んでくださいね。

投稿者: SLour7uk