猫カフェについて外国人の評判

猫カフェについて

猫カフェは猫喫茶とも呼ばれる場所です。
カフェの室内に猫を放し飼いにした空間であり、猫と触れあうことができる時間を提供してくれます。
猫カフェといった時に、区別しておきたいのがネコ耳カフェです。
ネコ耳カフェはコスプレ系飲食店の1種であり、いわゆるメイド喫茶の亜種であると考えて良いでしょう。

基本的に飲食店の1つではあるのですが、猫と同じ空間でくつろげること、猫と遊べること、などを主な目的にしています。
猫カフェで飼育されている猫に関しては、殺処分される予定の猫を保護したものであることも多く、猫カフェとして展示しながら里親を見つける活動を行うこともあるので、猫を飼いたい人にもお勧めの場所です。
一般的には、店舗によっては飲食するスペースと猫と触れあうスペースが分離されており、複数匹の猫が放し飼いにされていることもあります。

世界で初めてできた猫カフェは日本ではなく、台湾です。
台北市に1998年に開店した猫花園というお店が世界初とされており、日本では2004年大阪に開店した店舗が初めてだとされます。
現在では、日本や台湾だけではなく、ヨーロッパの国々にも広がっており、猫の人気の高さを伺い知ることができるでしょう。

世界各国の猫カフェについて

ペットとして非常に人気の高い動物である猫は、日本だけではなく世界中で高い人気を誇っています。
その可愛らしさは万国共通であり、動画サイトで猫の動画が有名になることも少なくありません。
こうしたことから、猫カフェに関しても話題となり、多くの国で開店しています。

ちなみにヨーロッパで初めて開店した猫カフェは日本人が経営していたこともあってか、猫カフェのことを向こうではNEKOと表記をするそうです。
基本的に上でも少し触れたように、世界の猫カフェは保護施設に保護されている猫を救済する取り組みを行っていることがほとんどで、生態やペットとして飼育する時の方法などについても教えてくれるので、単純に猫と遊ぶだけのスペースではないと言えます。

イタリアでは、Miagola Cafeという店名の猫カフェがあります。
店名の由来は、イタリア語において猫の鳴き声を意味するそうですね。
外観から内装まで非常にこだわって作られており、猫が好きなイタリア人の人からも好評のようです。
イギリス、マレーシアなどでも猫カフェは開店しています。

ヨーロッパ発となったのが、オーストリアはウィーンにあるCafe NEKOです。
日本人女性がオーナーであり、ウィーンにない日本の文化を伝えたいと開店させたもので、衛生面などの問題からウィーン市と交渉を重ねており、オープンするまでに3年も費やした店舗になります。

猫カフェに対する、外国人の評判について

猫カフェのことを知った外国人の評判ですが、概ね好評のようです。
特に猫好きな人からすると、日本に移住してまでも行ってみたいという熱烈な意見を持っている人も多くみられます。
また、猫に興味がないといった人でも否定的ではなく、アイデアが素晴らしいので、自分もやってみたい、などの意見がありました。
特に反対する意見なども少なく、やはりそこはペットとしての猫の愛らしさを見たいと考える人も多いのかもしれません。

投稿者: SLour7uk