猫の嗅覚

ネコは人間の2倍の嗅覚を持つ

暗闇での視力や運動能力など、人間を上回る能力を持つネコですが、嗅覚においてもネコは人間をしのいでいます。
匂いは嗅細胞というところで感知されます。
この細胞は、いわば香りのセンサーとも言うべきもので、この数が多ければ多いほどより敏感に匂いを感知することができます。

人間とネコの嗅細胞の数を比較してみると、実にネコは2倍もの嗅細胞を持っていることが分かっています。
人間はおよそ500万個なのに対して、ネコは1000万個にも及びます。
そのため、私たちが感じることができないような繊細な違いも、かぎ分けることができるのです。

新鮮なものと悪くなっているものをかぎ分けられる

エサに関して、ネコはわがままだという話を時々聞くことがあります。
エサをちょっと放置しておいたら、もうそれに見向きもせずに、絶対食べようとしないとか、ちょっと傷んだものをあげようとしたら、やはり食べようとしないという話です。

それもそのはずで、ネコは人間以上に新鮮なものと悪くなりかけているものの違いを判別できるからです。
動物はそれぞれ、特に敏感な匂いというものがありますが、ネコの場合は、アンモニア臭をかぎ分ける能力に長けています。
そのため、傷んだ肉や魚などはアンモニア臭を発するようになるので、敏感に察知して手を付けることがないのです。

というのも、ネコは体の構造上、肝臓の分解力が低く、腐ったものなどは受け付けることができず、体を壊してしまいます。
それで、こうした危険な食べ物を避けられるように、特にこのアンモニア臭をかぎ分ける能力を持っていると言えるでしょう。
また、風邪を引いたり年を取ったりして嗅覚が落ちてしまい、エサの匂いを十分に感知できないと、危険を避けるためにエサに手を付けないという習性も持っています。
常に、自分の身を守る術を持っていてそれを徹底している、慎重で賢い動物なのです。

嗅覚はネコが生き残る大事な手段

ネコは生まれてからしばらくの間、視力が働かないため、鼻を頼りにして生きていくしかありません。
特に、母ネコの乳首を探して乳を吸うために、嗅覚はどうしても必要な感覚です。

そのため、視覚よりも嗅覚が急速に発達するという特徴を持っていて、生き残るための欠かせない手段となっているのです。
そして、自分の匂いを母ネコの乳首につけて、そこをめがけて匂いを頼りに近づいていきます。
自分だけの乳を吸う場所がありますので、安心して食料を確保できるという、実に効率の良い方法を本能的に選んでいるのです。

何気なく見ている母ネコと子ネコの様子ですが、嗅覚という面から見てみると、とても興味深いものがありますね。
一層ネコの魅力を味わうことができる様子ですので、じっくりと観察してみましょう。

投稿者: SLour7uk