犬の嗅覚

素晴らしい活躍を見せてくれる犬たち

犬はとても嗅覚が優れているので、その能力を活用していろいろな場所で人間をサポートしてくれています。
災害が起きたときには、がれきの中に閉じ込められてしまった人たちを探す災害救助犬の姿を見ることができますし、空港では麻薬を発見する麻薬探知犬も見られます。
人間ではとても知覚できないような微妙な匂いも、犬ならしっかりとかぎ分けることができますので、こうした素晴らしい活躍ができるのです。

このような活躍は、犬が人間よりはるかに敏感な嗅覚を持っているからに他なりません。
一般的に、犬の嗅覚は人間の100万倍になるとされていて、その能力の高さは私たちの想像をはるかに超えるものです。

塩分をかぎ分けられるほどの嗅覚

犬の嗅覚が優れている秘密の1つは、その嗅細胞の数の多さにあります。
人間は平均500万個の嗅細胞があるとされていますが、犬はその数が桁外れなのです。

犬の中でも、その種類によって嗅細胞の多さが異なります。
たとえば、ダックスフントは1億2,500万個ほど持っていて、ジャーマンシェパードは2億個、犬の中でも一番嗅覚が優れているブラッドハウンドに至っては、3億個もの嗅細胞を持っているのです。

嗅細胞は、匂いを感知するセンサーの役割を果たしますので、これが多いほどより敏感に匂いをかぎ取れるのです。
そして、嗅細胞が存在している粘膜部分の大きさも人間と犬とでは大きな違いがあります。
人間はおよそ4平方センチメートルしかないのに対して、犬は150平方センチメートルもあるのです。
犬は人間よりはるかに嗅細胞が多いことや、粘膜が大きいことが、匂いを感知する能力の違いとなって表れているのです。

こうした類いまれな感知機能を持っている犬は、人間ではとても見分けられないような匂いまでかぎ分けられます。
たとえば、水の中に塩分が入っているかどうかを犬は匂いだけで判別できるのです。
私たちはなめてみるまでとても分かりませんので、その感覚の鋭さに驚かされるばかりです。

フェロモンも嗅げる能力を持っている

人間と犬の生態的な違いの1つとして、ヤコブソン器官という感覚器官が発達していることが挙げられます。
この器官は人間においては、ほとんど機能していないと考えられていますが、犬はしっかりと機能を果たしています。

ヤコブソン器官は、フェロモンを感知する機能を果たすとされていて、普通の匂いとの違いを判別できます。
そのため、犬は敏感にフェロモンを発している仲間を見分けられるのです。

このように、犬の優れた能力の特徴とも言える嗅覚は、人間と比べると特出した特徴を持っていると言えるでしょう。
その能力を活かして、人間をサポートするという活躍をしているのを見るのは、ほほえましいものがあります。

投稿者: SLour7uk