猫の見えている世界

暗闇でも見えるネコの目

ネコのことが好きな人にネコの魅力を聞くと、その目がかわいいという返事が返ってくることが多くあります。
きれいな瞳はネコの魅力の1つであり、人間とは異なる高い能力を持っているという特徴をしています。

ネコの目が持つ高い能力の1つとしては、暗闇でもものを見られるということが挙げられます。
もちろん、まったく光のない真っ暗闇ではものを判別できませんが、星の明かりなど少しの光があれば、十分に周りを見渡せるのです。
ネコは昼の光の中よりも、夜の暗い状態の方がよく見えると考えられているほどです。

その秘密は、独特の目の構造にあるようです。
人間もネコも、光をとらえてものを判別するために、桿状体という名前の細胞を網膜に持っています。
この細胞は光センサーと同じ働きをして、桿状体が多ければ多いほど、より光を集めることができて、暗くても視界をはっきりと保つことができます。

この桿状体の数がネコには多く、人間の2倍ほどあることが分かっています。
犬も夜目が利きますが、それでもネコは犬の1.5倍の桿状体を持っていますので、その視力がいかに優れているかが分かります。

ネコもカラーで世界を見ることができる

ほ乳類の動物は、人間と比べると色彩感覚に乏しく、モノクロでしか世界を見られない種類も多くいます。
しかし、ネコはいくつかの色をはんべつできるようで、ある程度カラーでものをみることができるようです。
色を判別するのは、錐状体という細胞で、この視細胞の数と種類によって、カラーで世界を見られるかが決まります。

ネコの場合は、錐状体があまり多くないものの、緑色を判別できるタイプの視細胞を有していることが分かっています。
そのため、たくさんの色を見分けられませんが、緑色には視細胞が機能しますので、この色には他の色とは異なる反応を見せることがあります。
たとえば、同じ形をしたオモチャでも、緑色のものには特に興味を示し、じゃれるような動作を見せることがあります。
これも、緑色が見えていることの証拠となるでしょう。

コマ送りで映像を見ることができる

ネコの視力において際立っている点としては、時間分解能に優れているということです。
つまり、人間の目には滑らかな動画として認識される映像も、ネコの目は細かく画像を分解できるので、コマ送りのように見えるということです。

その分、速い動きに対応できますので、獲物を捕まえるのも楽にできるというわけです。
ネコの習性に合ったすばらしい目の能力を持っているのです。
このように、ネコの目は、私たちと比べると非常に高い能力を持っていて、違った世界を見ることができるのです。
その美しさだけでなく、こうした能力にも目を留めてみたいものですね。

投稿者: SLour7uk