犬の視界

遠くのものを見るのは苦手

嗅覚がとても発達していて、人間ではとうてい感知できないようなものまでかぎ分けられる能力を持っている犬ですが、視力は人間と比べると落ちるようです。
近くのものにピントを合わせるのには問題ありませんが、遠くのものを見るのは苦手で、人間で言うところの近視の状態の視界となっています。

その原因は、水晶体の厚さにあるようです。
水晶体は目におけるレンズのような働きをしていて、この部分の厚さを適宜調整することでピントを合わせることができます。
水晶体が薄いと遠くのものまでピントを合わせることができますが、厚くなってしまうと遠くを見ることが難しくなってしまうのです。

人間の水晶体の厚さは、平均すると4ミリほどなのに対して、犬は8ミリと2倍近くの厚みを持っています。
ピント調節をするための目の筋肉の働きも、人間に比べると微調節が効かない仕組みになっていますので、遠くを見るには適していないようです。

犬の視力は0.3くらい

こうした目の生体機能や、実際に実験してみると、犬の視力は人間で言うところの0.3ほどしかないと考えられています。
確かに、100メートルも離れてしまうと、見た目だけでは飼い主と他の人間を見分けられませんので、このくらいの視界しか判別できないことが分かります。

もちろん、視力が弱い分、犬は他の機能をフルに活用して遠くにあるものも感知できる力があります。
匂いであったり、よく聞く飼い主の自動車の音であったり、人間にはない第六感と呼ばれるものがあるとも考えられていますので、いろいろな感知器官から入ってくる情報を総合して、弱い視力を補っているのです。

視力は弱いものの、視野は広いとみられています。
人間の視野は120度程度ですが、犬は200度から、犬種によっては290度ほどまで見渡せるのです。
やはり、狩りをして生きていく動物ですから、広い範囲を見渡して獲物を見つけられる必要があるのです。

少しの色なら見分けられる

人間のようにフルカラーで色を判別できるほ乳類の動物というのは、ほとんどいません。
犬もやはりたくさんの色を判別する能力を持っていませんが、数種類の色は判別できるようです。
赤と黄色系の色を見分けられる視神経を持っていますので、ある程度の色分けができるのです。

一方、人間と比べて犬は暗闇でもものを見ることができる能力を持っています。
暗いところで犬の目に光を当てるとぴかっと光ることから分かるように、人間にはない、暗闇でより光を感知する目の構造を持っているのです。
やはりこれも、夜に活動して獲物を狙ったり、他の動物から身を守るために必要となる能力なのです。
それぞれの動物の生態に合った身体的特徴が備わっているというのは、実に興味深いことですね。

投稿者: SLour7uk