ユニークなお顔のヌートリア

ヌートリアをご存知ですか

ヌートリアという動物をご存知でしょうか。
あまりご存知ない方もいるかもしれませんが、カピバラという最近注目されている動物に似ている雰囲気の動物です。
種類としてはネズミと同じ種類に属しており、50センチほどのサイズと比較的大きなサイズが特徴です。
体重も比較的重たくなり、5キロから、重たいものになると10キロほどあるヌートリアもいます。

カピバラが人気が高まっているのに対し、ヌートリアは現在あまり知名度がありません。
その理由として、ヌートリアが持っている特徴が挙げられます。
ここではヌートリアの特徴についてご紹介します。

ヌートリアの特徴をご紹介

ヌートリアは実はとても凶暴な性格をしています。
そのためペットとして飼うにはあまり向いていないのが実際のところです。
カピバラは穏やかな性格でペットとして飼いやすい動物ですが、ヌートリアは人にも飛びかかる習性を持っています。
その凶暴さはとても激しく、なんと人の指を噛み切ることもあります。
とても怖いので、特に初心者の方が飼うのは難しいと思ったほうが良いでしょう。

また、カピバラはゆったりとした雰囲気があるのに対し、ヌートリアは世界のさまざまな国で害のある動物として認定されてしまっています。
害獣という呼び方をされており、農作物などを荒らしてしまうことがあるため、認定されてしまっています。
ヌートリアはもともと毛皮の質が良く、以前はたくさんの国々でヌートリアが育てられていました。
ですが数が増えるとともに農作物を荒らす被害が続出し、現在はアジアの各国やヨーロッパなどで害獣認定されています。

ヌートリアは見た目もカピバラに比べると少し見劣りする面があります。
ヌートリアは牙がオレンジ色になっており、あまり見た目的に魅力的ではない雰囲気となっています。
ヌートリアは凶暴でさまざまなものを食べますが、牙の強度を高めるためにエナメル質が豊富に入っています。
これがオレンジ色になる原因となっており、黒い体にオレンジの牙という、見た目的にあまり魅力を感じにくいものになっています。

ヌートリアは日本名も少し魅力が低いです。
がいようどぶねずみという名前がついており、要はどぶねずみの一種とされてしまっているのです。
どぶねずみをペットとして飼うのは少し抵抗がある方も多いです。
ペットは特に女性に人気が高いですが、お洒落な犬や猫と比べると、やはり見劣りする面があります。

知識として知っておこう

このように、ヌートリアをペットとして飼う機会はないかもしれませんが、こうした動物もいるということを知っておくのは知識も広がるので良いといえます。
ぜひ今後の参考にしてくださいね。

投稿者: SLour7uk