考えておこう「ペットの災害対策」

ペットも災害に向けた対策が必要

最近は地震や大雨など、自然災害で大きな被害が出ることが増えています。
災害はいつやってくるか分からない怖さがあり、日頃から十分に対策をしておくことが大切です。
いつも用心しておくことで、緊急のときにも対応しやすくなるのです。

ただ、ペットを飼っている場合、自分たちを守るための準備はしていても、ペットをどう守るかを考えていないことはよくあります。
緊急のときに家族を守るのに精一杯になってしまい、飼っている動物たちが被害に巻き込まれてしまうことがあるのです。

ペットは可愛い生き物ですが、ときには周りの人に迷惑をかけてしまうことがあります。
地震などに驚いて飼っている犬などが逃げ出してしまった場合、近くの人に噛み付いたり、エサを求めてさまざまな家に忍び込んだりしてしまうことがあります。

こうしたトラブルを防ぐために、ペットのことも考えて災害対策をしておく必要があります。
ペットを家族のように可愛がっている人も多いですが、こうした人は災害のときにも家族同然の犬や猫を守れるよう、準備を進めましょう。

災害対策意識は、まだまだ低い

ペットのために災害対策をしている人は、まだ少ないです。
これを「災害対策意識が低い」と言います。
ペットを守る準備も必要なことが分かると、「そうか、ペットが地震が来たときでも大丈夫なように、犬小屋を丈夫なものに買い換えよう」のように、取るべき行動を考えることができます。
いつも災害に対する意識を高くもつことによって、非常時でもペットが安全に過ごせる確率が高くなります。

ペットは一見いつも元気なように見えますが、災害のときには大きくストレスを感じています。
そして普段と違う緊張感から、体調を崩してしまったり病気になってしまったりすることがあります。
動物も人と同じで、災害にはデリケートな生き物なのです。
これからは意識をしっかりと高めるようにしましょう。

また、こうしたことを家族に伝えることも大切です。
「ペットも災害で危険な目に遭う可能性があるから、日頃から考えておこう」と話し合うことで、自分だけでなく周りの人の意識も高めることができます。

避難計画を立てるのがおすすめ

ペットを災害から守るためには、避難計画をたてるのがおすすめです。
避難計画とは、「非常時にどのように避難するかを前もって決めておくこと」を指します。

災害時に被害に遭う可能性がどれくらいあるかを示す、ハザードマップという地図があります。
これを元に自分たちの住んでいる場所が安全かどうかを確認し、避難場所もチェックしておきましょう。
そうすれば地震などが起きてもすぐにペットを一緒に連れていくことができ、安心です。
避難計画は家族と相談しながら作ると良いでしょう。

投稿者: SLour7uk