ペット先進国!スウェーデン式動物愛護の精神とは

スウェーデンの動物愛護精神の高さ

日本で色々と参考にされることが多い北欧文化ですが、ペットに関してもかなり進んだ意識が持たれています。
北欧の国々と言えば、高齢者福祉や教育に非常に力を入れていることでよく知られているでしょう。
社会福祉の基本的精神は弱者保護ですので、ペットという存在に対しても同様に高い保護意識が持たれているのです。

北欧の国の中でも特に注目をしたいのがスウェーデンで、ペット先進国として動物に関する法整備が非常にしっかり整えられています。
法整備だけでなく国民一人ひとりの動物愛護に対する意識が非常に高く、ペットを飼育するにあたっての心構えがしっかりと整えられているのです。

しかし世帯全体で見ると、ペットを飼育している割合は日本よりも低くとどまっています。
これは法的に非常に厳しくペット保護について定められていることと、「世話をするならきちんとした環境が作れるようになってから」という意識を持っていることが関係しています。

無責任に飼育をし始めるのではなく、ペットにとって最高の環境が用意できなければ飼育をしないという意識が強く共有をされていると言えるでしょう。

スウェーデン式動物保護法

飼育をためらうほどの厳しい法律とはどれほどのものかと気になるところですが、実際に施行されている決まりをいくつか紹介していきます。

まず「犬を6時間以上置き去りにしてはいけない」ということです。
日本においても犬を室内飼育している人で、日中は犬のみで留守番をさせている家庭は多いことでしょう。

スウェーデンでは、そうした留守番も6時間を超える場合は法律違反としています。
もしそれ以上長く留守にする場合、ペットホテルなどの人間の監視があるところに依頼しなくてはいけません。

その他にも「動物の自然な行動を損なってはいけない」ことや「電気ショックやスパイクで犬を訓練してはいけない」ことなども明確に定められています。
動物を飼育する時にはついつい人間の都合でペットを合わせようとしてしまいますが、こうした法律は人間ではなくペット動物の生態を優先させなさいということを示しているのです。

ペット動物とは少し異なりますが、「家畜の屠殺前には麻酔をかけなければいけない」ということも定められています。
ペットだけでなく、人間とともに生活をしている動物全体に対して最大限の敬意を払う、というのがスウェーデン流の動物愛護ということになるでしょう。

動物の繁殖に関しても、専門のブリーダー以外が行うことは禁止されています。
ペット用の動物も、それらの公認ブリーダーからきちんと飼育のための教育を受けた飼い主さんだけが許可をされる、となっているのです。

絶対に殺処分をしないという強い意志を感じられますね。

投稿者: SLour7uk