オランウータン

絶滅が危惧されているオランウータンを守る活動

そもそもオランウータンとはどのような動物なのか

オランウータンとは、霊長類ヒト科オランウータン属の動物です。
霊長類であることから人間によく似た性質を持っており、二足歩行などもすることができます。
オランウータンはどこにでもいるわけではなく、現在はスマトラ島とボルネオ島という2つの島のみに存在しています。
そのためとても希少な存在の動物と言えます。

体調はオスで97cmほど、メスで78cmほどが平均的なサイズです。
人によく似ているオランウータンですが、人間よりは少し低めの体長となっています。
また、体重はオスが30~85kgほど、メスが30~45kgほどとなっています。

どちらも人の平均と比べると軽めの体重となっていますが、よく似た体重と言うこともでき、こちらも人間と共通点があります。

最後に寿命ですが、人は80年や90年生きるのに対して、オランウータンは50年から60年ほどとなっています。
人間に比べると少し短めとなっていますが、他の動物に比べるとかなり長生きする動物です。

オランウータンは個体数が減少の危機に陥っている

上記のような特徴をもつオランウータンですが、実は現在は絶滅の危機に貧しています。
過去100年の間に、この動物は80%ほどがいなくなってしまったと見られています。

その理由として考えられるのが、「違法な伐採」です。
人は資源の確保などのために、違法な伐採を行ってきました。
そのためオランウータンが生息するために適した場所がなくなってしまい、結果として個体数が大きく減少してしまったのです。

ひとたび森林伐採が行われると、そこに生息していたオランウータンは一気にいなくなってしまうことが多いです。
そのため現在は十分な注意が払われており、できるだけ生息地が保たれています。

さらにもうひとつの原因として挙げられるのが、「温暖化」です。
現在地球は全体的に温暖化の傾向が進んでおり、この状況はこれからも続くと見られています。
温暖化によってオランウータンが生活しにくい気温になってきており、亡くなってしまう数が増えたのです。

現在は保護活動が進められている

数が減る状況の中で現在進められているのが、オランウータンの保護活動です。
オランウータンは熱帯の森に住むことが多く、こうした森も合わせて保全活動の取り組みが始まっています。
特に積極的なのが、インドネシアやマレーシアです。
こうした国はまさに前述の島がある国のため、動物の保護に力を入れているのです。

動物に興味があれば、こうしたオランウータンを巡る活動にも目を向けてみましょう。
すると世界各国の状況が分かるようになり、さらに動物を好きになることができるはずです。

投稿者: SLour7uk